Copyright© 2015 APL design workshop. inc all right reserved.APLdw

  • Facebook
  • Instagram
1/1

はあと保育園新山口

Heart Nursery Shin-Yamaguchi

Architecture as a playground, dressed in green

awards:日本建築学会作品選奨 / BCS賞 / 平成27年度日事連建築賞 優秀賞 / グッドデザイン賞 / JIA中国建築大賞2015 優秀賞 / キッズデザイン賞 /

 第11回こども環境学会 デザイン賞​/ 第四回山口市景観賞 最優秀賞

この保育園は最大計画定員180名の認可保育園である。山陽新幹線新山口駅の開業に合わせて新に開発された地区で、周辺には大振りで雑多な用途の建物が並ぶ。敷地は奥行きの深い形状で街区の中央にある歩行者専用道と近隣公園にも接している。建物を北側に寄せて、南側の公園と連続するように園庭をとった。2階のバルコニーと屋上は陽当たりと眺望に恵まれた場所で、積極的に緑化し公園から続く地形のように扱い、狭い園庭を補った。バルコニーや屋上庭園の手すりや窓面を金網で覆うことで、安全性を高め、絡まる植物とともに多層の柔らかな境界を作り出している。前面道路側は、送迎用の車寄せとし、遊戯室兼ランチルーム下のピロティを介して保育室と園庭に繋がり、更に進むと歩専道側の裏口にまで繋がる。2階に設けた年長組の保育室には、室内でも繋がるが、遊戯室兼ランチルームの南側を巻く様に上がるギャラリー階段を使ってピロティや正面の門から直接上がれるし、また子育て支援室の脇の周り階段を使って裏入り口や園庭からも上がれる。建物全体が幾重にも繋げて、建物全体が遊具の様に仕えることを目指した。そのためにも、幼児にとっても2階が近く感じられることは重要で、梁型のない厚さ350mmのRCボイドスラブ構造に直接不燃吸音断熱材を施工し、天井高2.2m、階高2.78mを実現した。

project team: 江口英樹、山本真也、高野菜美

location:山口県山口市 / Yamaguchi, Yamaguchi

completion date:2014.3

principal use:保育所 / Nursery

structural engineering:MID研究所

mechanical and electrical engineer::総合設備計画 / sogo consultants

contractors:安藤ハザマ

number of stories:地上2階 /  2 stories

structure:RC造、一部鉄骨造

site area:1864.24

building area:807.59

total floor area:1315.63

photography:北嶋俊治 kitajima toshiharu/archi photo