1/2

鍋島整形外科

Nabeshima Orthopedics  Clinic

Unique façade and places created by offsetting

地域に根付いて30年以上親しまれている一般整形外科に加えスポーツ整形外科を専門とする診療所です。既存棟は木造で築30年以上経過しており、患者数の増加への対応や診療内容の充実化のため、北側の隣地を購入し、そこに増築する計画となりました。敷地周辺は第一種住居地域であり中低層の住宅地です。一方、前面の道路(ゆりの木通り)は駅につながり交通量も多く、ロードサイド的な風景が広がっています。

1/2
1/2

個性的な箱をずらして積みあげた構成により、 ①建築を街並みにあわせて住宅スケールにしています。 ②道路に対して表情をつくり、医院のアイデンティティとなっています。 ③風の箱が街に柔らかな印象を与えています。 ④隣棟間にひだのある表層を挿入し、採光と通風を確保しています。⑤箱と箱のずれた面から採光し、快適な施療空間が実現しています。

1/2

project team: 江口英樹、猪飼洋平

location:千葉県/Chiba, Chiba

principal use:整形外科医院/Plastic surgery clinic

completion date:2016.1

structural engineering:小西泰孝建築構造設計 / KONISHI structural engineers

mechanical and electrical engineer::総合設備計画 / sogo consultants

contractors:山庄建設

number of stories:地上3階 / 3 stories

structure:RC

building area:124.07

total floor area:635.65

photography:北嶋俊治 kitajima toshiharu/archi photo

Copyright© 2015 APL design workshop. inc all right reserved.APLdw

  • Facebook
  • Instagram