1/2

YKK健康管理センター 

YKK Infirmary

White roof, rusted wall, forest and water

awards:日本建築学会作品選奨

富山県黒部市に本拠をおく企業の診療所である。敷地は将来広大な森となるべく整備中の工場緑地内に位置している。森には「ルーム」と呼ぶ芝生張りで矩形のオープンスペースをいくつか設ける。そのひとつの「ルーム」の二辺を限るように建物の壁面を配置することで、ランドスケープと建築の一体化を意図した。外壁面はRC造で、地中梁に使用されるラス型枠を使用し、そのまま仕上げの一部として残している。これは、ベニヤの使用による南洋材の乱伐を少しでも減らし、コンクリート面に残ったラス金網が徐々に錆び、型枠材の錆びがコンクリート面に時間の経過を刻印する効果を目指した。

1/2
1/2

 一方屋根面は壁と対比的に白く薄い板として軽快に浮かせ、内部機能を反映した凸形状を与えている。壁と屋根の隙間から光を取り入れ、光と影による印象的な内部空間を作り出している。

1/2
1/2

診療室は一般的に無窓の部屋であることが多いが、医師の診療を受けている時に樹々の緑が目に入るよう杉板で編んだ板塀で仕切られた中庭に対して開放的な造りとした。これは外部の自然が見える入院患者はそうでない場合と比べ早く退院できるという英国での研究報告を知り、実践したものである。

location:富山県黒部市吉田200/Kurobe, Toyama

completion date:2008.2

principal use:診療所/Infirmary

structural engineering:構造設計集団SDG

mechanical and electrical engineer::総合設備計画 / sogo consultants

contractors:第一建設

number of stories:地上1階 / 1 story

structure:RC壁構造

building area:995.26

total floor area:976.8

photography:北嶋俊治 kitajima toshiharu/archi photo

Copyright© 2015 APL design workshop. inc all right reserved.APLdw

  • Facebook
  • Instagram