1/2

K-TOWN(A・B街区)

K-Town (Block A and B)

A prototype of an urban dormitory gently  connected to its surroundings

ファスニング事業とAP(建材)事業を展開するYKKグループは、本社機能の一部を製造・開発の一大拠点がある富山県黒部市に移すと同時に、市内で様々な取り組みを進めている。K-TOWN整備はその一環の事業であり、単身社員ための100戸の社宅である。

1/2
1/2

敷地は、あいの風とやま鉄道(旧JR北陸本線)黒部駅前である。YKKが、駅前でありながら発展していなかったこの地をあえて選択した理由の一つは、中心部の活性化に企業市民として貢献することを意図してのことであった。これに、まちなかという立地条件を加味してあるべき寮の姿を探求すると、「寮」の概念の解体に向かうことになった。通常の「寮」では、居室と様々な共用諸室の複合施設として団地を形成して、まちから隔絶されている。これに対して、K-TOWNでは、居室部分を4戸で一つの小規模共同住宅とし、まちなかに分割して配置し、共用施設(K-HALL)は単独にまちなか施設とすることであった。この思想は敷地計画においても踏襲され、各ユニットは基準法上の独立した建築物とした。これによって、将来、各ユニットを独立して処分することも改変することも可能になる。

1/2
1/2

敷地は、A・B街区とC街区で大きく異なる。前者は小規模宅地を寄せ集めたもので、輪郭線も不整形で隣家も迫っている。一方後者は、工場敷地の一部で、まとまった整形敷地である。その結果、住戸配置とボリュームも対照的になる。前者では控えめに周りの住宅や施設と協調的に扱い、都市的な外部空間を抱え込んでいる。後者では豊かな植栽のなかに片流れ屋根の「家」が自由に配置される。この二つを都市における環境形成の方法という観点から見ると、C街区は、敷地を白地のカンバスと見立てて理想像を自由に描く「開発」モデルであり、A・B街区は、周辺に敬意を払いながら一体となって環境を形成する「介入」モデルである。成長する時代には前者が追求されたが、縮小する日本の都市に今求められるのは後者であろう。

1/2
1/2
1/1

An experiment of open dormitory

YKK group has many projects in Kurobe to cope with partial shift in its headquarters’ function from Tokyo to Kurobe where they had their production base. K-town is a company dormitory. Its site planning is different from other conventional dormitories. Dormitory rooms are reorganized into multiple small housings of 4 units. Their common facilities are open to the public as ordinary community-facilities. It also become an impressive landmark in front of its railway station, otherwise small town could not have.

project team: 江口英樹、山本真也、高野菜美

location:富山県黒部市 / Kurobe, Toyama

completion date:2016

principal use:共同住宅 / Company housing

structural engineering:MID研究所

mechanical and electrical engineer::総合設備計画 / sogo consultants

landscape architect:カネミツヒロシセッケイシツ

contractors:第一建設

number of stories:地上2階 /  2 stories

structure:RC壁構造

site area:226.21〜326.93

building area:78.17

total floor area:149.66

photography:北嶋俊治 kitajima toshiharu/archi photo

Copyright© 2015 APL design workshop. inc all right reserved.APLdw

  • Facebook
  • Instagram