Copyright© 2015 APL design workshop. inc all right reserved.APLdw

  • Facebook
  • Instagram
1/1

グループホーム楽し愛

Nursing home Tanoshi-Ai

この高齢者福祉施設は岡山市の田園地帯に建つ。平屋の建物全体を大きな庇をもつ勾配屋根で覆い、それを小単位に分けることで、里山に囲まれて広がる周辺の低密度の住宅地の景観と調和して共存できることを目指した。金属葺きで輝く屋根を際立たせるように外壁面は、屋根とは対比的にベンガラ色とした。平面構成は、グループホーム2ユニットで構成され、各ユニットに個室9室と用の居間食堂とショートステー1室が含まれる。それらを中庭を囲むようにL字型に配している。中庭はウッドデッキを敷いて二つのユニット共通の心地よい外部空間としている。18人の居住者に「一つの屋根の下」を意識していただければ幸いである。

project team: 江口英樹、高野菜美

project team: 岡山県岡山市

completion date:2019.3

structural engineering:小西泰孝建築構造設計 / KONISHI structural engineers

mechanical and electrical engineer::総合設備計画 / sogo consultants

contractors:梶岡建設

principal use:グループホーム

number of stories:地上2階 / 2 stories
structure:木造 / Wood Structure
building area:691.94㎡
total floor area:664.12㎡

photography:北嶋俊治 kitajima toshiharu/archi photo