4. はあと保育園中央(保育園の複合施設)

2019.04. 山口県山口市

 

 既存の老人介護施設との相互作用を期待して、介護施設敷地の空地を利用して整備された定員120人の認可保育園。狭い敷地を活用するために、園舎の一部に大きなピロティを設け、ここに巨大な遊具となるように通路を挿入した。カラフルなパイプと緑化壁や藤棚が絡み合わせることで、園児が毎日ワクワクできる空間を目論んだ。

 

 

 

*撮影取材時期 現在、壁面の植物が生育中です。今夏を過ぎないと設計意図が伝わる写真にならない可能性があります。

北側は日影規制、保育室の構成などから階段状のボリューム構成が導かれた。園の東側(写真左手)は同じ法人が運営する既設特別養護老人ホーム。幼・老の交流の思想で敷地が選定された。

既設特別養護老人ホームの敷地の隅を保育園に転じたので、入口付近では保育園と老人ホームが近接した路地を形成している。

3階のに持ち上げられた遊戯室のヴォリュームとその下のピロティ。ピロティは緑化壁で囲まれ(写真は竣工直後)半屋外の遊び場としてさまざまな仕掛けを組み込んだ。

ピロティは黄色やオレンジ色の鋼管ルーバーによって覆われる。天井面には鯉のぼりや旗などが吊るすことができるロープと滑車を仕込んでいる。床はゴムチップ舗装。

大階段と避難施設を兼ねた滑り台で立体的な遊び場としている(写真は左側の緑化ネットが未施工)

園庭側外観。写真右手が既設特別養護老人ホーム。大階段の天井は藤棚として整備(写真は緑化ネットが未施工)

保育室の内観。開口部の見込み部分に家具の色と連動する淡い色を配色し保育室のアイデンティティを形成。

内部階段と三階遊戯室ボリューム。

緑化壁の植物の成長状態(2019年7月上旬)